アスリート

大谷翔平の目標達成シート、テンプレートはこれ!バッティングの凄さの秘密とは?

投稿日:

大谷翔平選手といえば、高校生の時に作成した目標達成シートが凄いと聞いたことはあるでしょうか。マンダラチャートやマンダラートとも呼ばれるものですが、フォーマットとしては9×9の81マスというシンプルなもので、これを達成したい目標に沿って埋めていくだけと実は簡単に作れてしまいます。

簡単なら、自分でもやってみたくなりませんか?テンプレートを用意しましたので、是非ダウンロードしてください。書き方についても、大谷翔平選手の目標達成シートをサンプルとしてご説明します。

また、打者+投手の二刀流として大活躍の大谷翔平選手ですが、今回は特にバッティングの凄さの秘密に迫ってみたいと思います。

では順にみていきましょう。

大谷翔平の目標達成シート、テンプレートはこれ!

案ずるより産むが易しということで、まずは目標達成シートがどういうものか実際にご覧ください。

引用元:https://newspicks.com/news/893396/body/

これは図のタイトルにもある通り、大谷翔平選手が高校1年生の時に作成した目標達成シートです。

目標達成シート、別名マンダラチャート、マンダラートとも呼ばれますが、フォーマットとしては3×3のマスを更に縦3つ、横3つずつ並べたシンプルな形になっています。

このど真ん中に、達成したい目標を記入します。大谷翔平選手の場合は、「ドラフト1位で8球団から指名される」ことを掲げました。

次に、それを取り巻く8つのマスに、目標を達成するために必要な要素を記入します。図で言うと、「体づくり」「コントロール」「キレ」などですね。

8つのマスの外側には、それぞれに3×3のマスがありますので、まずはその各々の真ん中に、8つのマスと同じ内容を記入します。

例えば8つのマスの右上に「体づくり」とありますが、全体の右から2番目、上から2番目のマスにも「体づくり」とあるのが分かるでしょう。そしてその周りの8つのマスに、体づくりに必要な要素を記入します。「体のケア」「サプリメントをのむ」などですね。

これを、ど真ん中の目標を取り巻く8つのマスについて順に繰り返します。「コントロール」(を向上すること)に対して、大谷翔平選手は「インステップ改善」「体幹強化」が必要と考えたということです。「キレ」を求める際に必要なことは「角度をつける」「上からボールをたたく」ということですね。

最初の目標が「ドラフト1位で8球団から指名される」ということで、壮大な夢なだけにどこから手を付けて良いのかという感じでしたが、ここまで来ると、すべきことが随分具体的で分かりやすくなりましたね。

これを見て分かることは、大きな目標(ど真ん中のマス)を達成するためには、まずそこに至るステップとして小さい目標を立て(周りの8つのマス)、更にそれらの小さい目標を達成するために必要なことは何かを考え(外側にある3×3のマス)、その一つ一つについて努力を積み上げる必要があるということですね。

大谷翔平選手はその輝かしい才能、成績がもてはやされますが、その裏にはこんな地道かつ緻密な努力があったのだということに、改めて感心させられます。

また、逆の見方をすれば、小さい目標を着実にクリアしていけば、いずれ大きな目標が達成できる、ということでもあります。そういうことなら、特別な才能に恵まれない私達にも、希望が持てますね!

学業、仕事、貯蓄や趣味など、対象は何でもいいと思います。日々取り組んでいること、なかなか成果を挙げられず困っていることがあれば、目標達成シートを利用してみては?

早速目標を立ててみようと思ったあなた(と私)のために、こちらにテンプレートを用意しました。是非ダウンロードして、目標を記入してみてください。

 

目標達成シート(Excelファイル)をダウンロード
目標達成シート(PDFファイル)をダウンロード

なお、印刷したいけれどもプリンタがない!という場合には、「ネットプリント」をお勧めします。これは、印刷したいファイルをアップロードすると、セブンイレブンのコピー機で印刷ができるサービスです。

ネットプリントのお勧めポイントは、自分でプリンタ本体やトナーを管理する必要がない、スマホでもパソコンでも利用可能、ユーザー登録不要といったところでしょうか。パスワード設定が可能で、セキュリティもばっちり。費用は、コピー機の使用料(A4サイズの白黒プリントで1枚20円)のみというお手軽さです。

詳しくはこちら:ネットプリントについて

大谷翔平、バッティングの凄さの秘密とは?

さすがの大谷翔平選手でも、メジャー移籍当初は打率が低迷していました。でも今やそんな印象はなく、やはりバッティングが凄いと評判ですね。この秘密は何なのでしょうか。

引用元:https://news.jsports.co.jp/

実は、大谷翔平選手がメジャーでバッティングを立て直せた理由は、打撃フォームをがらっと切り替えたためと言われています。

日本では、打つ前に一度大きく足を上げてタイミングを取っていましたが、メジャーでしばらくしてからはノーステップ打法に変えたのです。足を上げる動作が無くなった分、ボールを長く見られるようになり、しっかりとひきつけて打つことができます。

大谷翔平選手は他にも、バッティングの際の初動を早めるという変更も行っています。これは、メジャーのピッチャーの投げる球は速く球質も重いので、日本でプレーしていた時のままでは振り遅れてしまうということに大谷翔平選手自らが気付いたためということです。

このように、課題を見つけてそれに対応する能力が大谷翔平選手は優れているのですが、更にすごいのは、これだけの打撃フォーム改造をほんの数カ月という短期間で成し遂げた点です。これはもう努力や恵まれた体格だけでは説明がつかず、天性のセンスとでも言うしかないと専門家は口を揃えて称賛しています。

置かれた環境にすぐさま適応してみせる、言い換えれば進化のスピードが、大谷翔平選手のバッティングの凄さの秘密といえそうです。

まとめ

大谷翔平選手といえば、高校生の時に作成した目標達成シートが凄いと有名です。その内容は、大きな目標を達成するために必要な事柄を小さなステップに分解して書き出すという、実は誰にでも挑戦しやすそうなものでした。

当サイトでもテンプレートを用意しましたので、是非あなたの目標達成のために、マイ目標達成シートを作成してみてください。

目標達成シート(Excelファイル)をダウンロード
目標達成シート(PDFファイル)をダウンロード

また、大谷翔平選手のバッティングの凄さの秘密とは、環境の変化によりそれまでの技術が通用しないとなった際に、的確に課題を見極め短期間でそれを克服するという、進化のスピードによるものと思われます。

大谷翔平選手のこれからの活躍から、ますます目が離せませんね。

-アスリート

Copyright© まったりトライアスロン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.