アスリート

ケンブリッジ飛鳥の身長体重が驚異的!ディオールやナイキとはどういう関係?

投稿日:

ケンブリッジ飛鳥選手といえば、リオ五輪で短距離日本代表を務めた陸上選手ですね。東京五輪での活躍も期待されています。

そんなケンブリッジ飛鳥選手の身長体重、さらに体脂肪率が驚異的といわれていますが、一体どれくらいなのでしょうか。

また、スポーツ選手にも関わらず、ファッションブランド「ディオール」と関係があるとの噂も。どういうことか気になりますね。

順にみていきましょう。

ケンブリッジ飛鳥の身長体重が驚異的!

ケンブリッジ飛鳥選手の、身長体重が驚異的との噂です。まずはプロフィールを確認してみましょう。

  • 名前:ケンブリッジ飛鳥
  • 生年月日:1993年5月31日
  • 出生地:モンテゴベイ(ジャマイカ)
  • 身長:180cm
  • 体重:76Kg
  • 所属:NIKE
  • 自己ベスト:100m -10.08(2017年6月 日本選手権)/200m -20.62(2013年6月 日本選手権)

ということで、身長180cm、体重76kgです。すらっとして格好良いと思っていたら、意外に体重があるのですね。なお、日本の成人男性の身長体重を見ると、26~29歳の平均値で身長171.0cm、体重69.5 kgということなので、180cm・76kgだといずれも平均値を大きく上回っていて、かなり立派な体格ということになりますね。

さらに、ケンブリッジ飛鳥選手といえば、彫刻のような筋肉美でも有名です。全く無駄のない身体ですが、気になる体脂肪率はというと、驚きの4.4%!先程、意外に体重があるなあと思いましたが、脂肪がなくほぼ全身筋肉だからなんですね。脂肪より筋肉の方が断然重いので、76kgという数値に納得がいきました。

引用元:https://neo-blog.com/

それにしても、この体脂肪率4.4%という数字はどれだけすごいのでしょうか。オリンピック日本代表選手の各種データによると、一番体脂肪率が低いのが陸上短距離男子選手で、その平均体脂肪率は「8±2%」だそうです。2桁を切るこの数字もかなり低いですが、ケンブリッジ飛鳥選手の4.4%はそれを大きく下回るのだから、やはり相当すごいですよね。

ケンブリッジ飛鳥、ディオールやナイキとはどういう関係?

ケンブリッジ飛鳥選手とディオールの関係をご存知ですか?2018年11月、「ディオール(Dior)」の メンズ アーティスティック ディレクター、キム・ジョーンズによる初のプレフォール コレクション ファッションショーが東京・テレコムセンターにて開催されました。ここに、豪華ゲストの一員としてケンブリッジ飛鳥選手が参加したのです。

他のゲストの顔ぶれはというと、デビッド・ベッカム(David Bekham)、ケイト・モス(Kate Moss)、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)らが来日し、日本からは登坂広臣、窪塚洋介、三浦翔平、岡田健史、吉沢亮などが登場しました。まさに豪華ゲストですね。

整った顔立ちに立派な体格、さらに筋肉美を誇るケンブリッジ飛鳥選手は、並み居る各界のセレブ達に負けない堂々とした振る舞いでとても格好良かったようですよ。動画が見つかりましたので、是非お楽しみください。ケンブリッジ飛鳥選手の登場は、1分21秒辺りとなります。

もうひとつ、ケンブリッジ飛鳥選手で忘れてはいけないのが、ナイキとの関わりですね。ウェアやシューズなど、ナイキ製品をよく身に付けているケンブリッジ飛鳥選手ですが、これは元々同社とは製品着用やプロモーション活動の協力などでも複数年契約を結んでいたことに加え、今の所属先がNike陸上競技部のためです。

そのような事情もあり、昨年行われたナイキジャパンによるランニングと⾳楽体験を融合させた新感覚イベント「ナイキ TOKYO GOフェス」にケンブリッジ飛鳥選手はゲストとして登場しています。トークセッションや、当時最新のランニングシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」のアピール、トレッドミル上を走るイベントなどなど、ケンブリッジ飛鳥選手の持ち前の笑顔と明るさで会場は大盛況だったそうです。

ちなみに、その前は所属会社の関係でアンダーアーマー製品を多用していました。2017年にケンブリッジ飛鳥選手は実業団所属をやめプロとして独立し、ナイキと契約したということです。日本人選手でプロというと、過去の例では有森裕子選手、高橋尚子選手、室伏広治選手、為末大選手など。現役選手では長距離選手の大迫傑選手がナイキと契約していますが、人数はとても少ないのです。

実業団所属ではなくプロアスリートの道を選んだ理由として、ケンブリッジ飛鳥選手は「世界のトップ選手は皆プロですよね。自分の体一つで戦っていると思うんです。そういう意識の部分で差が出るのかなと思うんです」と語っています。世界のトップになるためには彼らと同じような環境に身を置き、厳しさも経験する必要があると考える、ケンブリッジ飛鳥選手の決意の表れといえそうです。

まとめ

ケンブリッジ飛鳥選手の身長体重は、180cm76kgでした。さらに体脂肪率は驚異の4.4%ということで、彫刻のような筋肉美にも納得です。

そんなケンブリッジ飛鳥選手は、ディオールのプレフォールコレクションファッションショーに豪華ゲストの一員として登場しました。各界のセレブに引けを取らない格好良さでしたよ。また、ケンブリッジ飛鳥選手の今の所属チームはナイキですので、ナイキの格好良いウェアに身を包んだ姿をよく見掛けますね。

日本では珍しい、プロ選手として活躍するケンブリッジ飛鳥選手にこれからも注目です。

-アスリート

Copyright© まったりトライアスロン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.