アスリート

福原愛、義理姉のインスタが美人!中国語が流暢になった勉強方法に驚き!

投稿日:

福原愛さんといえば、「泣き虫愛ちゃん」の渾名で一躍有名になった元卓球選手ですね。あのとき小さかった女の子が、世界を股にかけ大活躍し、そして台湾出身の卓球選手と結ばれて、いまや2児のお母さんです。

そんな福原愛さんの義理のお姉さん、旦那さんのお姉さんですが、この人が美人だと評判です。インスタに投稿される写真がすごいんだとか。これは見てみないといけませんね。

また、福原愛さんは子供の頃から中国語が堪能なことでも有名でしたが、その勉強方法は是非参考にしたいところです。

では順にみていきましょう。

福原愛、義理姉のインスタが美人!

福原愛さんの旦那さんのお姉さん=義理姉が美人だと評判です。論より証拠ということで、ご本人のインスタよりこちらをどうぞ。

右手前の方ですが、確かに美人ですね。しかも驚くことに、福原愛さんの10歳上ということで、このとき39歳のはずなんです。とてもそうは見えませんね。若い!

最近の投稿なんてもっとびっくりしますよ。オーバー40歳なんて嘘としか思えないような、若さです。

このポスターは何?と思ったら、老人福祉活動のアンバサダーに就任されたということのようですね。

え、一般人ではないの?と思いましたか?なんでも、39歳にして女優デビューを果たされたようですよ。これだけ若くて美人なら、不思議ないように思えますね。

では最後に、簡単なプロフィールをご紹介しましょう。

  • 江恆亘(ジアン・リガ) 本名:江雅菁(ジアン・ヤージン)
  • 身長167cm、体重48kg
  • 元ダンサー
  • 学歴(すごいです!)
    • 国立台湾体育学バレエ学科
    • 台湾芸術大学舞踊学部
    • ロンドン芸術大学パフォーマンスアート学部

江恆亘さんによると、日本で仕事があれば是非行きます、とのことですので、そのうちTVなどでお目にかかることがあるかもしれませんね。

福原愛の中国語が流暢になった勉強方法に驚き!

福原愛さんの中国語が流暢なのは有名な話ですね。その勉強方法を知りたいと思い、色々調べてみました。

その結果、福原愛さんの中国語力の秘密は、卓球に関する活動がカギだと分かりました。どういうことなのか?以下に、福原愛さんの年譜を抜粋しましたので見てみてください。

引用元:http://ai-fukuhara.com/

  • 1988年(0歳) – 宮城県仙台市にて誕生。
  • 1992年(3歳) – 中国から中国人の卓球講師に来てもらって、英才教育を受ける。コーチが家族を日本に呼び寄せたことで、コーチの子供と一緒に、母国語を覚えるような感覚で自然と中国語に接することになる。
  • 1993年(4歳) – 中国へ卓球留学に出掛け始める。
  • 1999年(10歳) – プロに登録。以降毎年1ヵ月以上、中国東北部の遼寧省で練習するようになる。
  • 2002年(13歳) – 以降15年間にわたり、遼寧省出身(中国東北地方)の個人コーチのサポートを受ける。
  • 2005年(16歳) – 中国国営テレビのトーク番組に単独出演し、意地悪なインタビュアーと丁々発止でやりあう。今でも伝説の番組として中国で語り草になっている。
  • 2005年(17歳) – 中国スーパーリーグに参加、遼寧省チームに入団。週1~2試合のハードな日程で広大な中国大陸を転戦し、全試合に出場。
  • 2006年(18歳) – 中国スーパーリーグ、広東佐川急便チームに移籍。
  • 2007年(19歳) – 『とっさの中国語』(NHK教育)で中国語を教えるアシスタントとしてレギュラー出演。
  • 2008年(20歳) – 来日した胡錦濤国家主席(当時)と早稲田大学で卓球対決を行う。きちんと胡錦濤国家主席(当時)にスマッシュを決めさせ、その場をなごませた。
  • (現役期間) – 世界卓球でもオリンピックでも、中国のマスコミには中国語でインタビューに応える。東北弁が可愛い、ギャグもお手の物と、中国でも大人気。
  • 2016年(28歳) – 卓球選手の江宏傑(台湾出身)と国際結婚。

どうですか、どっぷり卓球漬けなのはもちろん、それに劣らずどっぷり中国漬けなのが分かるでしょう(良い意味で)。

推測ですが、福原愛さんの中国語上達に関しては、

  • 運が良かった:幼少期の生活に中国語が溶け込んでいた
  • 必要に迫られて:卓球上達のために(コーチとコミュニケーションを取るために)中国語が必要だった
  • 戦略として:活躍の舞台が主に中国のため、中国語が堪能なことが武器になった(人気者になれた)

という事情が大きく影響したのではないでしょうか。

なお、福原愛さんのお母さんが考える『愛ちゃんが中国語が上達した理由』によると、

  1. 卓球を練習する過程で、中国語が必要だった。
  2. 愛ちゃんは性格的に、人の輪に入っていくのが得意だった。

を挙げられているようです。

1については意見が一致しましたね。やはり「必要に迫られる」というのが語学学習において重要だと思われます。

ただ、福原愛さんのお母さんは2(自分から積極的に相手に入っていくこと)が、語学習得で一番重要であると主張されています。興味のある方はこちらをどうぞ。

まとめ

福原愛さんの義理姉は、元ダンサーで、39歳にして女優デビューという驚きの若見え美人でした。インスタでその美貌が楽しめますよ。たまに福原愛さんや旦那さん(義理のお姉さんからしたら、弟ですね)も登場しますので是非見てみてください。

また、福原愛さんの中国語の勉強法はこれといったものは見当たりませんでした。必要に迫られてというのが、一番の上達の理由ではと推測されます。なお福原愛さんのお母さんの考えは、自分から積極的に相手に入っていくことが大事だということで、福原愛さんはこれが大変得意だったそうです。

第2子が生まれて幸せいっぱいの福原愛さん、現役引退してもまだまだその活躍に注目です。

-アスリート

Copyright© まったりトライアスロン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.